コンテンツへスキップ

作業工程

作業工程

なぜ、島原の手延べそうめんは美味しいのか。
それは、熟成・より・のばしを何度も繰り返す製造工程に秘密があります。
どのように製造されているのかご覧ください。

koutei1
1.捏ね作業

そうめんを作る前にまず、その日の天気を読む事から始まります。 温度、湿度などその日の天候条件に合った塩水をしこみます。
【捏ね(こね)】小麦粉にその塩水を入れ捏ねます。(麺生地を見ながら塩水の量を加減します。)

koutei1
2.捏ね作業

【めん圧】適度に捏ねられた小麦は、ローラの上で回転し、自重で加圧されます。

koutei1
2.捏ね作業

更に時間をかける事により熟成させ生地をつくります。 (むかしは、足踏みをしていた作業です。)

koutei1
3.いたぎ作業、三本合せ作業(麺生地から素麺の原型を作る作業)

めん圧された生地を板状に切り出し、麺帯を作ります。

koutei1
3.いたぎ作業、三本合せ作業(麺生地から素麺の原型を作る作業)

麺帯を丸く成型します。 ただし丸く成型されても、内部には空気が入っていて素麺の原型としては不十分です。 これを、しばらく寝かせて熟成させます。

koutei1
3.いたぎ作業、三本合せ作業(麺生地から素麺の原型を作る作業)

これを3本合わせて、もう一度、丸く成型して麺の状態を整えます。

koutei1
3.いたぎ作業、三本合せ作業(麺生地から素麺の原型を作る作業)

麺生地~麺帯~そうめんの原型が出来上がります。 更に、これを寝かせて熟成させます。 (かなり太いですが、素麺の原型となります。)

koutei1
4.一番より作業、二番より作業、三番より作業

【一番より】 熟成させた麺に「より」を掛けて細くします。そして寝かせて熟成させます。

koutei1
4.一番より作業、二番より作業、三番より作業

【二番より】 熟成させた麺に「より」を掛けて細くします。また、寝かせて熟成させます。

koutei1
4.一番より作業、二番より作業、三番より作業

【三番より】 熟成させた麺に「より」を掛けて細くします。そして、また寝かせて熟成させます。

koutei1
5.しの掛け作業

しの掛け 熟成させた麺に「より」を掛けながら、2本の棒に「8の字」状態に掛けます。 この時、更に細くします。

koutei1
5.しの掛け作業

島原手延素麺協同組合_しの掛け作業

koutei1
5.しの掛け作業

そして、再び熟成させる為に「室(むろ)」に収め寝かせます。

koutei1
6.こびき作業

【こびき】 しの掛け後、「室(むろ)」で熟成された麺は階段状に少しずつ引き伸ばします。

koutei1
6.こびき作業

島原手延素麺協同組合_こびき作業

koutei1
6.こびき作業

そして、再び熟成させる為に「室(むろ)」に収め寝かせます。

koutei1
7.のばし作業、乾燥作業

【のばし】 こびき後、「室(むろ)」で熟成された麺は大きく引き伸ばします。 この時、熟成された麺は「竹の箸」で1本1本に分けられ、素麺に近くなります。

koutei1
7.のばし作業、乾燥作業

【乾燥】 のばされた素麺は、「ハタ」に掛けられ乾燥に入ります。

koutei1
8.切断作業

【取り上げ】 最適の乾燥状態になったら、「ハタ」から降ろして切断機にセットします。

koutei1
8.切断作業

【切断】 ここで、所定の長さに切断されます。

koutei1
9.結束作業

【結束】 選別作業の後、50gに計量されて所定の帯で束ねられます。

koutei1
9.結束作業

島原手延素麺協同組合_結束作業

koutei1
10.作業完了

いくつもの工程を麺から目を離さず、愛情をこめて作り上げた一品です。 熟練した技を持つ職人が作り上げた「島原の手延素麺」を是非、ご賞味ください。

PlayPause
previous arrow
next arrow
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
previous arrow
next arrow
koutei1
1.捏ね作業

【めん圧】適度に捏ねられた小麦は、ローラの上で回転し、自重で加圧されます。

koutei1
2.捏ね作業

【めん圧】適度に捏ねられた小麦は、ローラの上で回転し、自重で加圧されます。

koutei1
2.捏ね作業

更に時間をかける事により熟成させ生地をつくります。 (むかしは、足踏みをしていた作業です。)

koutei1
3.いたぎ作業、三本合せ作業(麺生地から素麺の原型を作る作業)

めん圧された生地を板状に切り出し、麺帯を作ります。

koutei1
3.いたぎ作業、三本合せ作業(麺生地から素麺の原型を作る作業)

麺帯を丸く成型します。 ただし丸く成型されても、内部には空気が入っていて素麺の原型としては不十分です。 これを、しばらく寝かせて熟成させます。

koutei1
3.いたぎ作業、三本合せ作業(麺生地から素麺の原型を作る作業)

これを3本合わせて、もう一度、丸く成型して麺の状態を整えます。

koutei1
3.いたぎ作業、三本合せ作業(麺生地から素麺の原型を作る作業)

麺生地~麺帯~そうめんの原型が出来上がります。 更に、これを寝かせて熟成させます。 (かなり太いですが、素麺の原型となります。)

koutei1
4.一番より作業、二番より作業、三番より作業

【一番より】 熟成させた麺に「より」を掛けて細くします。そして寝かせて熟成させます。

koutei1
4.一番より作業、二番より作業、三番より作業

【二番より】 熟成させた麺に「より」を掛けて細くします。また、寝かせて熟成させます。

koutei1
4.一番より作業、二番より作業、三番より作業

【三番より】 熟成させた麺に「より」を掛けて細くします。そして、また寝かせて熟成させます。

koutei1
5.しの掛け作業

しの掛け 熟成させた麺に「より」を掛けながら、2本の棒に「8の字」状態に掛けます。 この時、更に細くします。

koutei1
5.しの掛け作業

島原手延素麺協同組合_しの掛け作業

koutei1
5.しの掛け作業

そして、再び熟成させる為に「室(むろ)」に収め寝かせます。

koutei1
6.こびき作業

【こびき】 しの掛け後、「室(むろ)」で熟成された麺は階段状に少しずつ引き伸ばします。

koutei1
6.こびき作業

島原手延素麺協同組合_こびき作業

koutei1
6.こびき作業

そして、再び熟成させる為に「室(むろ)」に収め寝かせます。

koutei1
7.のばし作業、乾燥作業

【のばし】 こびき後、「室(むろ)」で熟成された麺は大きく引き伸ばします。 この時、熟成された麺は「竹の箸」で1本1本に分けられ、素麺に近くなります。

koutei1
7.のばし作業、乾燥作業

【乾燥】 のばされた素麺は、「ハタ」に掛けられ乾燥に入ります。

koutei1
8.切断作業

【取り上げ】 最適の乾燥状態になったら、「ハタ」から降ろして切断機にセットします。

koutei1
8.切断作業

【切断】 ここで、所定の長さに切断されます。

koutei1
9.結束作業

【結束】 選別作業の後、50gに計量されて所定の帯で束ねられます。

koutei1
9.結束作業

島原手延素麺協同組合_結束作業

koutei1
10.作業完了

いくつもの工程を麺から目を離さず、愛情をこめて作り上げた一品です。 熟練した技を持つ職人が作り上げた「島原の手延素麺」を是非、ご賞味ください。

previous arrow
next arrow
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
koutei1
previous arrow
next arrow